お金持ちが所有するイメージのプラチナカード

お金があってもプラチナカードを使う

私は、一時期ですが証券会社が発行するプラチナカードを使っていました。
確かにデザインがそこらに溢れるゴールドカードと差別化されており重厚でしかも洗練されていました。
持っているだけで何か気分が良くなる気持ちがしました、最初だけですが。だからお金を持っていても少額の買い物でさえプラチナカードで支払うケースが多かったですね。お店の方は、特に驚きもしませんからだんだんと現金払いに戻って行きました。

プラチナカードを持っていて一番よかったのは、空港の専用ラウンジを使う時です。
世界のほとんどの空港にあるビップラウンジのカードを無料で発行しているので、本当にあちこちの空港のラウンジを使わせてもらいました。
特に海外の空港で乗換の時は、けっこう時間を持て余しますよね。こんな時間は、ビップラウンジで大型テレビを見ながらゆっくりビールやカクテルを飲んで過ごしていました。
パソコンも無料のなので、ニュースを見たり・メールを送ったり自由に出来ました。
どこも豪華で、利用客も少ないので満足感が高いプラチナカードの特典でした。

会費は、格安の2万数千円だったと思います。
これならゴールドカードよりちょっと高い程度ですから、それなりの特典と優越感が持てるので十分に元は取れるなと考えていました。
ところが3,4年継続して契約していたのですが、突然証券会社がこのプラチナカードの取り扱いを中止してしていました。
理由はわかりませんが、私としてはとても残念でした。

注目のお金。このホムペで情報収集しましょう!!

Copyright 2018 お金持ちが所有するイメージのプラチナカード All Rights Reserved.